トップページへ > 友人のケンカで作業が進まず
友人のケンカで作業が進まず

大学四年次の卒業直前に友人3人に手伝ってもらって引越しをしました。手伝いと自分を含め4人もいれば単身の荷物ですし、すぐに終わるだろうとたかをくくっていたのですが、逆にその人数の多さに悩まされることになりました。
引越しはアパートの3階から違ったアパートの2階まででした。荷詰めなどは事前にやっていたので単純に積み降ろしの作業だけを行っていたのですが、作業開始から一時間くらいして友人の1人がたばこ休憩を入れたいと言い始め、みんな疲れを感じていたところだったのでちょうどいいと思い休憩を入れました。
その後、再開する時間を決めていなかったためにぐだぐだとした雰囲気になってしまい、さぁやろうかというところでまた違う1人が電話で話し始めてしまいました。とりあえず残りの3人で作業を再開したのですが、なかなかその友人が電話から戻ってこず、なんでおれらだけでやってるんだ?というような雰囲気や愚痴が出始めてしまいました。
その夜には私がみんなに焼肉をおごることになっていたので、っみんな同じだけ働くべきだという考えがあったようで、ずっとそこから終始気まずい空気になってしまい、掃除などもしたかったのですが、その状況の中運ぶのを抜けるのに気が引けてしまいうまく進めることが出来ませんでした。最初から休憩のタイミングや作業の流れについてみんなと合意をとっておくべきだったと思っています。

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 徳島県の引越し業者 . All rights reserved