トップページへ > 主人の転勤により、社宅へ引越し
主人の転勤により、社宅へ引越し

主人の転勤により、社宅へ越すことになりました。
それまでは自分たちで物件を探し、賃貸を借りていたのですが、なにぶん急に決まった転勤なので、家を探す暇もなく、内見なんてものもすることないまま会社からあてがわれた社宅へと引っ越してきました。
越してきてビックリしたのが、社宅の状態の悪さ!
築25年と社宅の中では新しい方だと聞いたのですが、壁紙、天井はカビで所々はがれてきていて、窓の木枠は結露で真っ黒にかびきり、玄関から入る度に毎回感じる下水のような匂い...。
今まで築浅の物件にしかすんだことのない私にとって、この社宅はちょっと衝撃的でした。
民間の賃貸であれば、退去の際にはハウスクリーニング会社が入って清掃、内装も状態によっては交換を行いますが、この社宅ではすべて退去する人の自己清掃のみ。その分敷金も礼金もなくて引っ越し代はかからないんですが、少しくらい費用がかかってもプロに任せようよと思ってしまう状態でした。
(しかも、壁紙張り替えは申請して許可がいる上に、自費なんです)
また短期間で引っ越しすることになるので、とりあえず現在は我慢しておりますが、次に引っ越す時には絶対に民間の賃貸を借りようと思っております。

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 徳島県の引越し業者 . All rights reserved